オススメ!リフォーム広告に良くある施工費込10万円以下の格安トイレってどうなの?結論、「買い」です!

オススメ!リフォーム広告に良くある施工費込10万円以下の格安トイレってどうなの?結論、「買い」です!

はじめに

新聞の折込チラシや、ポスト投函チラシで「トイレ交換、施工費込98000円!」などの広告、1度は見たことがありませんか?

「安い!でも、これって本当にこの値段でできるの?」と思ったことはありませんか?

ズバリ、結論から言うと出来ます!

僕自身がリフォーム専門店で働いているので、確実な情報です。

もちろん、オプションや条件で10万円を超えることはありますが、トイレ本体の取替え工事だけであれば、広告の値段ポッキリで出来ます。

自分達で提供しながら、本当にお得だなと思うので、改めてその理由を裏話も含めて紹介していきます。

格安トイレってどんなトイレ?

良くある格安トイレの代表としてあるのが

  • LIXIL   アメージュZ
  • TOTO ピュアレスト

が一般的かなと思います。

この2つのトイレは業界的な分類として組み合わせトイレという分類に入ります。

組み合わせトイレとは、その名の如く、「便器本体」「温水便座」「タンク」の3つを組み合わせて出来るトイレとなります。

組み合わせとなると、「どう組み合わせるのが1番いいの?」と不安になる人もいるかもしれませんが、そこはリフォームの営業マンが丁寧に説明してくれると思いますので割愛させていただきます。

基本的にはあなたのお家にあったトイレを営業マンが選んでくれるので、欲しい機能を選ぶだけです。
自動で流れる機能だとか、消臭機能が欲しいとか贅沢機能が欲しい場合は、追加料金が必要になるかもしれませんが、トイレの基本機能は全て広告の料金に含まれていますからご安心ください。

格安なのに、実はとても高性能!

ここが1番伝えたい内容になります!

「安いのはわかった。ところで性能は?」と思うのが当たり前ですよね!

ここが「買い」と断言する理由になるのですが、ズバリ性能がいいんです!

以下、組み合わせトイレの代表LIXILアメージュZとTOTOピュアレストの性能を、トイレ界の王様TOTOネオレスト(本体価格 定価30万〜40万円)と比べていきたいと思います。

気になるランニングコストは?節水対策は?

「安いトイレにすると、後々水道代で損するんじゃない?」

これ間違いです!

王様ネオレストの洗浄水量は

  • 大洗浄  4.8L〜3.8L
  • 小洗浄  3.3L

2000年頃までのトイレは大13Lもの水を使っていたことを考えれると、1回で8L以上の節水になっていることがわかります。

トイレに行く回数は1日4〜7回といわれていますので、1人あたり多くて8L×7回で56Lもの節水になることがわかります。

さすが王様!

次にLIXILアメージュZ

  • 大洗浄  5L
  • 小洗浄  3.8L

ん?意外と少ない!と思いませんか?

続いてTOTOピュアレスト

  • 大洗浄  4〜6L
  • 小洗浄  3.3〜3.8L

これまた少ない!

そうなんです、実は王様の節水には及ばないにしても、2000年までのトイレに比べて半分以下の水量という、かなりの高性能なんです!

節水だけじゃない!格安とは思えない機能

トイレで欲しい機能として、掃除のし易さは外せないと思います。

格安でも、そこは充分過ぎるほど考えられているんです!

アメージュZ、ピュアレスト共に、形状こそ違えどフチレス形状になっており、トイレの1番汚れが掃除しにくい便器のフチをなくした形状になっており、拭き掃除が楽にできる様になっています。

又、便座の汚れが付きにくいそれぞれ樹脂を採用しており、こちらも高性能トイレに大差をつけられる様なことはありません。

更に、それぞれ細部まで掃除しやすい様に便座のリフトアップ機能であったり、楽々便座を取り外せる機能であったりが付いています。

何故そんなに安い?

ここは裏話になるところですが、ここまで高性能のトイレをこれだけ安く出来る理由は、「大量仕入れをしているから」です。

当たり前の話といえばそうなのですが、結論は大量仕入れです。

大量仕入れ出来る理由としては、これまで述べてきたように、間違いない商品なので、商品自体のクレームもほとんどなく本当に自信を持ってオススメ出来る為、売れ残ることがないからです。

実際、大量に仕入れても過剰在庫で困ったということはありませんし、これだけ売ってもクレームで呼ばれることはほとんどありません。

これが何よりオススメできる証拠かなと思います。

もう一つ言えば、LIXIL、TOTOさんだから出来るということもあると思います。
この2社に関しては、業界の人ならわかるのですが、凄いです!

ぶっちゃけ、リフォーム会社に入ってくる時点で安いので、その値段でも赤字にはなりません。
かと言って、提示金額以下への値引きは出来ないケースがほとんどだとは思います。
この高性能トイレがこの値段で提供できるのはメーカーは大きいと思います。

まとめ

格安トイレが「買い」ということは納得できたかと思いますが、もうひとつ加えて言いますと、リフォーム会社やメーカーにとって、格安トイレは客引きの要素は強いです。

これは悪い意味ではなく、まず自分の会社を知ってもらおうという意図があります。

リフォーム会社としては、水回り商品の中では比較的安価なトイレリフォームを通じて会社を知ってほしいですし、住設メーカーとしても自社製品の良さを伝えたい意図が込められていると感じます。

なので、リフォームに迷ったら、まずは格安トイレの交換を依頼してみて判断することをオススメします。

いいリフォーム会社は小さな工事も手を抜きませんし、営業マンや職人さんの雰囲気もわかります。

リフォームの最初の一歩として、格安トイレはとてもオススメな選択肢だと思うので、是非お試しください。