Withコロナの世界に対応した住まいを作る方法!

Withコロナの世界に対応した住まいを作る方法!

外出をしなくても自宅でエクササイズ!トレーニングスペースは必須!

運動のない生活は人間らしくない

コロナウイルス対策で外出自粛が続いています。
いつまで続くかわからないし、たとえコロナが落ち着いたとしても、いつ別のウイルスに脅かされるかわからない世の中になってしまった以上、それを受け止めていくしかないのかなと思います。

そこで、家にいながらでもエクササイズできる、トレーニングスペースを設けてみるのはどうでしょう?

海外の外出禁止令が発表されている都市の人の悩みには、運動不足によるストレスと、健康維持への不安が大きいようです。

海外の方の意見として、ロックダウンに備えておけばよかったモノにエクササイズ用品をあげる人が多く見られます。
生活必需品ばかりに気を取られて、運動をするという点にまで気がまわらず、殺伐とした毎日で人間らしい生活を送れていないという現実があるそうです。

そこで、今のうちにトレーニングスペースの確保はこれからの時代には必須なのかなと思います。

具体的にはどのぐらいのスペースが必要?

ホームジムとして捉えると、BIG3とよばれる
「ベンチプレス」「スクワッド」「デッドリフト」の3つが出来るスペースがあるということが基準となります。

本格的にしようとすると、バーベルにオリンピックシャフトを使用することを考えると、シャフトが220cmあるので、両サイドの余裕スペースも考えて3m×2.5mの5.25畳は必要となる。

これだけのスペースがあると、パワーラックも優に置くことができる。

ただし、かなりの重さがあるので、床の補強は必須となる。

フローリングの上にジョイントマットを敷き、その上にコンパネ、更にゴムマットを敷いて滑り止め対策もしておくと良い。
コンパネも重量によって、最低でも18㎜、予算があるなら24㎜か28㎜厚を使用するといいです。

そこまで本格的でなくてもいい人は、「ダンベル」と「ベンチ台」だけでもいいです。
これなら1.8m×⒈8mの2畳程あれば十分です。これでもダンベルの重さを変えていけば筋トレとしては成り立つのかなと思います。

女性の方であれば、ヨガマットを敷いたり、バランスボールを使ったりだけでもいいですし、エアロバイクやワンダーコアなどを使用するスペースもいいかと思います。
それぞれ1畳ずつぐらいあればいいので、いくつか取り入れてみるといいでしょう。

ファミリークローゼットを最大限に活用しよう!収納だけがクローゼットの役割じゃない!

ファミリークローゼットとは

ファミリークローゼットとはその名の通り、家族全員の衣類を収納するクローゼットです。


家族全員の衣類を収納するということなので、3〜4畳程の広さが必要で、ウォークインタイプとウォークスルータイプがあります。

ウォークインタイプは収納部屋のことで、入り口以外の3面の壁が収納棚やパイプハンガーになっているので、収納量を多く取れます。
一方、ウォークスルータイプは出入り口が2方に設けられており、ウォークインタイプに比べて収納量は少なくなりますが、動線上の設けることで様々な使い方ができます。

ファミリークローゼットを収納だけでなく、ウイルス対策に使用する!

ファミリークローゼットを玄関の近くに配置することで、ウイルスや花粉対策になるって知ってましたか?

クローゼットをただの収納として捉えるのではなく、クリーンルームの役割も持たせる考え方です。

玄関から帰ってきたら、そのままリビングに向かうのではなく、一旦ファミリークローゼット兼クリーンルームに入ります。
ここで上着や靴を脱ぎ、ウイルスや花粉が付着したものを、その先の生活スペースに持ち込まないという考え方です。

更にこの部屋に洗面台を置いておくことで、うがい手洗いをしてから入るという毎日のルーティンを作ってあげることで、感染リスク低減や花粉症の対策に効果があるかと思います。

又、洗濯場もこの近くに配置することで、家事動線も良くなり、家に蔓延させたくないものを極力外に近いところで留めることができます。

逆に外出時も上着が取り易い場所にあり便利ですし、スーツに嫌な生活臭が付くことも抑えられるというメリットもあります。

注意点としては、換気扇を設置することです。
シューズクローゼットも兼ねることになるので、ニオイが気になる可能性が高いことと、花粉やウイルスが溜まってしまうと良くないので、必ず換気扇は設置しましょう!

まとめ

コロナウイルスの終息が見えない上に、コロナが落ち着いても、またいつ他のウイルスに襲われるかわからない現代において、何らかの対策は自らやっていくべきです。

大切な家族の健康で快適な毎日を守っていくために、住まいは日々変化していく必要があります。
変わりゆく日常で慣れない生活を余儀なくされてしまう中でも、自分達がより早く馴染んでいけるように、住まいにできることを提案していければいいなと考えいます。