インテリア照明計画をするならまず始めに知っておきたい超基本!

インテリア照明計画をするならまず始めに知っておきたい超基本!

照明計画とは

照明には単に暗いところを照らすという目的だけでなく、光と影をを用いることにより様々な空間の雰囲気を演出することができます。
照明器具の種類や設置の方法、光源と特徴などを理解して機能的で演出的の空間をコーディネートしていくことが照明計画です。

全般照明と局部照明

照明には部屋全体を照らす全般照明と、全般照明の光十分に届かない場所を照らす局部照明があります。
全般照明は一般的に部屋の中心に設置されることが多く、局部照明は個別の目的を持って、その目的の場所へ設置します。
例えば、キッチンの手元灯や、デスクのスタンド照明が局部照明にあたります。

全般照明の種類

  • シーリングライト
    天井面に直接設置する、最も一般的な照明。
  • ダウンライト
    天井に埋め込むタイプの照明。スッキリとした空間を作る際などに用いられる。
  • ペンダント
    天井からぶら下げるタイプの照明。テーブルの上に設置する場合にはテーブルの大きさやデザインなどを考慮して選ぶ。
  • シャンデリア
    装飾性の高い照明。華やかな空間を演出できる。
  • ベースライト
    オフィスや学校など、広い空間を照らすときに用いられる。

局部照明の種類

  • スポットライト
    壁に掛けた絵など特定のものを照らす時に用いる。全般照明が明る過ぎると効果か薄れるので、暗めの空間で使うとよい。
  • フットライト
    通路や階段の床面に近い壁面に設置する。足元の安全性を高めることができる。
  • テーブルスタンド フロアスタンド
    手元の明るさを補う照明。照明器具本体のデザインがインテリアとして空間を演出する効果がある。
  • ブラケット
    壁面の様々な場所に設置することにより、奥行のある空間を演出できる。

直接照明と間接照明

直接照明とは天井面に取り付け直接空間を照らす一般的な照明で、照明効率も高く、照明器具本体や光源も空間内から見えている。
一方、間接照明は反射光を用いる為、眩しさがなく落ち着いた雰囲気になります。設置場所も天井や壁面に、光源が直接見えないように設置されています。

間接照明の種類

  • コーブ照明
    天井の一部を折り上げ、「ふところ」を作って照明器具を設置する。空間全体を柔らかい光で照らすことができる。
  • コーニス照明
    壁面の天井近くに作った「ふところ」に照明器具を設置し、壁面を広く照らす演出照明。
  • バランス照明
    壁面に中間辺りに「ふところ」を設けて設置し、壁面の上下を照らす演出照明。

光源の種類

照明の効果は器具の形状の違いだけでなく、光源によっても大きく変わります。

  • 白熱球
    いわゆる電球のことで、柔らかさや温かみを感じる赤みを帯びた光を出します。
  • 蛍光灯
    白熱球に比べ、発光部の面積が広い為、輪郭の影が出来にくい光です。白熱球よりエネルギー効率が良く明るい。
  • LEDライト
    低消費電力で長寿命。寿命の長さは白熱球や蛍光灯の数十倍で、1度交換すれば数年もつので交換の手間が省ける。
    発売されてから数年は高価格と言う欠点があったが、今は価格も安くなってきている。
    また、紫外線を出さない為、虫が寄って来にくいと言う特徴もある。

まとめ

照明には多くの要素が複雑に絡み合う為、把握しておくべき点は多い。
その分、自分の個性を様々な形で演出できるし、新しい商品も次々に出てきます。
結論、これが正解というものはなく、楽しみながら色々と試してみるのが得策と言えるかなと思います。