キッチンリフォーム時に知っておくべき寸法

キッチンリフォーム時に知っておくべき寸法

ワークトップの高さは身長から求める!

キッチン選びの重要な寸法の1つにワークトップの高さがあります。
高さの合わないキッチンだと、腰が痛くなる、包丁を使って切る時に力が入らない、洗い物時に肩が凝るなど苦痛になってしまいます。

そこで、自分に合った高さを身長を元に計算します。その式が

身長÷2 + 5㎝

です。これに日本人女性の平均身長を当てはめてみると

160㎝÷2 + 5㎝ =85㎝

となります。
なので、システムキッチンの標準高さは85㎝になっています。
150㎝の人だと80㎝、170㎝だと90㎝です。
実際はショールームで実物を見て触って決めるのがいいと思います。

レンジフードの高さは165㎝!

次に換気扇の高さですが、これはIHクッキングヒーターとガスコンロで考え方が違います。

IHクッキングヒーターの場合はガスコンロと違い火を使わない為、熱による上昇気流が少なく、100センチ以上換気扇が離れてしまうと正常に排気する事ができません。
少し余裕を持たせた80㎝ぐらいの距離が1番換気効率が良く、目線への圧迫感もないかと思います。
なので、先のワークトップ高さ85㎝と足して 85㎝+80㎝=165㎝ が換気扇の高さになります。

ガスコンロの場合は火災予防の為、80センチ以上は換気扇と距離を取る必要があります。従って、これもIHと同じく80㎝離すので同様に165㎝が換気扇高さになります。

後はこの165㎝を天井高から引くと、換気扇と吊り戸棚のサイズが決まります。
一般的な住宅の天井高は240㎝なので
240㎝ − 165㎝ = 75㎝となり、天井までピッタリ過ぎると扉を開けた時に天井と擦れてしまうので5㎝引いた70㎝が一般的な換気扇と吊り戸棚の高さ方向のサイズになります。

キッチン動線はワークトライアングルが重要!

キッチンで実際に作業する時に動き易さを決めるのが適切な動線で、1番よく往復する冷蔵庫、シンク、コンロの前に立った時の位置を結ぶと三角形(トライアングル)が出来ます。
この三角形の辺の長さの合計が3.6m〜6.6mになるようにレイアウトしてあげると良いとされています。
3.6m以下だと収納や調理スペースが十分な確保できず、6.6m以上だと無駄な動きが増えるということです。
なので必ずこの範囲で収まっているかを確認しましょう!


ただし、一直線上に並べて配置する場合は例外で、2.7mぐらいがいいかと思います。

対面式キッチンの通路幅は使い方で大きく変わる!

対面キッチンの通路は、調理する人の人数で変わります。
基本、奥さん1人しか調理をしないと言うのであれば80㎝〜100㎝。
夫婦、又は娘さんと2人など、複数で調理する場合は、すれ違うことも考えて100㎝〜120㎝ぐらいはあった方がいいと思います。

ここで注意ですが、この通路幅と言うのはあくまで家具家電を置いた後での寸法ですので、冷蔵庫や背面キャビネットの奥行は予め計算に入れておく必要があります。

もう1つ注意として、通路の外壁側に勝手口や窓がある場合は寸法に制限が出てくるので、これも予めけいさんに入れておかなくてはいけません。
窓や勝手口を新設する場合でも、外壁側の柱の位置次第では希望の位置に開口が付けられないこともあります。